黒岡衛星の1日1枚1言

この"ブログで音楽の話しかしたくない"がすごい!第一位

King Crimson『In The Court Of The Crimson King』('69)

 

今さら僕が何かを言うものでもないですが初心に帰る思いでひとつ。昔聴いたときはどうしても「21世紀の〜」とそれ以外のテンションの差に馴染めなかったんですけど、彼らのキャリアを踏まえて聴き返すと名盤の名盤たる所以がちゃんと伝わってきたというか、ようやく少しは理解できたかなと。改めて「風に語りて」のドラムとかヤバすぎますね。「ムーンチャイルド」のインプロ部には早すぎたポストロックがあるではないですか。「エピタフ」なんかのメロディラインが演歌なのも良いじゃないですか、沁みる。後の『太陽と戦慄』のような(あれはあれで良いし大好きですが)強い攻撃とはまた違う、1stらしい野心に満ちた作品だということを改めて感じました次第。